Auto-Tune Pro

世界標準のピッチ&タイム補正プラグイン
ARA機能やClassic Mode搭載でより強力に

Auto-Tune Pro

Auto-Tuneは20年にわたりプロのピッチ&タイミング補正の世界標準であり続け、現代のポピュラーミュージックの特徴的なボーカル効果ツールとして選択されています。Auto-Tune Proでは、完全に再設計されたインターフェイスと強力な新しい処理、編集ナビゲーション機能を実装し、これまで以上に多用途で使いやすくなりました。

Auto-Keyプラグイン(Auto-Tune Pro購入時に同梱)、「Auto-Tune 5サウンド」を再現するClassic Modeアルゴリズム、リアルタイムMIDIサポートされているホストアプリケーションとの緊密な統合のためのパラメータ制御 、およびARA (オーディオランダムアクセス)機能を備えています。 Auto ModeとGraph Modeの両方のインターフェイスが再設計され、プロフェッショナルユーザーと初心者のための最も効率的で柔軟性のある直感的なワークフローを提供するように最適化されました。

Auto-Tune Proには、歌手の表現力豊かなジェスチャーを維持しながら、完璧な音調を保つFlex-Tune技術、持続的なノートをより自然でクリアなものにするHumanize機能、トラックをモニターできるLow Latencyモードも含まれています。このため無秩序な遅延なしにリアルタイムでAuto-Tuneを通じてトラックをモニターすることができます。

また、透明、多彩、非破壊のタイム補正、フォルマント補正、自然なビブラートと人工ビブラートのコントロール、独自のスロートモデリング技術のタイミング補正機能も備えています。

Auto-Tune Proは、低レイテンシー、リアルタイムピッチ補正、Graph ModeとAuto Modeを含む、Auto-Tuneの最上位でフル機能のバージョンです。より詳細なグラフィカルなピッチとタイミングの補正が可能です。 Auto-Tune Proは、ピッチの疑わしいノートにすばやく触れたり、演奏全体を徹底的に磨きを加えたい時に、自然な音色の音程補正とClassicエフェクトを提供します。

 

Auto-Tune シリーズ製品機能比較

対応機能

EFX 3

Live

Pro

Evo音声処理技術を搭載
完全に調整可能なAuto-Tuneボーカルエフェクトとピッチ補正
ライブパフォーマンスとトラッキングのための超低遅延
Flex-Tuneリアルタイムピッチ補正の調整    
Humanize機能
Auto-Motionパターンの生成    
パフォーマンスパラメータのReal-Motion MIDIコントロール
Real-Timeビブラート調整
ターゲットピッチのReal-Motion MIDIコントロール
自動フォルマント補正  
Antares Throat Modeling(声帯モデリング)
グラフィカルピッチ編集  
リアルタイムでグラフィカルな移調    
統合されたタイム補正と操作  
グラフィカルモードでMIDIからターゲットノートを作成する    
個々の補正オブジェクトに対するThroat Modelingの調整    
グラフィカルなビブラート調整の強化  
「Auto-Tune 5サウンド」のClassic Mode  
ARAのサポート    
Auto-Key:自動的なキー検出  

プロフェッショナルスタンダード

20年にわたって、Auto-Tuneはプロのピッチ補正の世界標準であり、現代のポピュラーミュージックの特徴的なボーカル効果のためのツールとして選択されています。Auto-Tune Proの導入により、完全に再設計されたインターフェイスと強力な新しい処理、編集、ナビゲーション機能により、これまで以上に多用途で使いやすいものになりました。

表現の自由

Auto-Tune Proは、プロフェッショナルな品質のオーディオ制作に必要な、透明で自然な音質の、元の音程とタイミング補正と、ポピュラーな音楽の定番となっているClassicエフェクトを提供します。

Flex-TuneHumanizeは表現力豊かなジェスチャーや自然なバリエーションを犠牲にすることなく、その特性と信頼性を犠牲にすることなく、劇的なAuto-TuneエフェクトのためのRetune Speedをクランクすることで、ボーカルのパフォーマンスを完璧にチューニングします。

Graph Modeの強力なタイミング補正機能を使用すると、完璧なパフォーマンスでタイミングエラーをすばやく修正したり、再録音することなくトラックのタイミングを創造的に修正することができます。

低レイテンシモードでは、遅延を気にせずにステージやスタジオでリアルタイムにAuto-Tuneを実行できます。

自然な音程補正、多彩で透過的なタイミング補正、またはClassicエフェクトが必要な場合でも、Auto-Tune Proはまさにあなたが探しているツールとなります。

Auto-Tune Proの新機能

新しい、合理化されたユーザーインターフェイス

Auto-Tune Proは、使いやすさと効率的なワークフローのために再設計された、Auto ModeとGraph Modeの両方で、洗練された全く新しいインターフェイスを備えています。

Auto Modeには、Auto Modeのコア機能に素早く簡単にアクセスできるBasic Viewと、強力なMIDI、スケール編集、ビブラート機能を解除するAdvanced Viewの 2つの固有な画面表示モードが含まれています。

Graph Modeインターフェースは、一から上に再設計されています。 さらに大きなMain Graphに加えて、新しいGraph Modeでは、ズーム解像度、ユーザーが割り当て可能なズームプリセット、およびワークフローの効率を最適化するように再構成されたコントロールが追加されています。

Classic Mode

Classic Modeは、待望の有名な 「Auto-Tune 5 sound」の復活です。

Auto-Tuneに新しい機能(フォルマント補正、Throat Modeling、Flex-Tuneなど)が追加されたので、Auto-Tuneアルゴリズムは進化しましたが、その音質は微妙な変化を受けており、各Auto-Tuneのバージョンは少しずつ異なるキャラクターを持っています。

一方で長年にわたり、Auto-Tune 5のサウンドは、ミュージシャン、オーディオエンジニア、プロデューサーの間で、おそらく多くの象徴的なポピュラー音楽のレコーディングで使用されていたことが人気の原因と思われます。 今回多くのユーザーの要望に応え、Auto-Tune 5サウンドは、新しいClassic Modeを通してAuto-Tune Proで使用できるようになりました。

Auto-Key:自動的なキーとスケール検出

Auto-Keyは、Auto-Tune Pro製品に含まれる新しいプラグインで、音楽のキーとスケールを自動的に検出し、その情報をAuto-Tune Proの1つ以上のインスタンスに送信します。 トラックのキーとスケールをすでに知っている場合は、Auto-Tune Proの複数のインスタンスのキーとスケールのパラメータを1つの場所から同時に設定するのに便利です。

ARA:オーディオランダムアクセス

Auto-Tune ProはStudio One DAWでARA (Audio Random Access)をサポートするようになりました。 ARAは、オーディオプラグインとホストアプリケーション(デジタルオーディオワークステーション)間の情報のより密接な統合と交換を可能にするテクノロジーです。 Studio Oneで使用すると、まずオーディオをAuto-Tuneにリアルタイムで再生することなく、Auto-Tune ProのGraph Modeで編集することができます。

MIDIパラメーターコントロール

Auto-Tune Proの主要パラメータの多くは、 Retune Speed 、 Flex-Tune 、 Humanize 、 Throat Length 、すべてのVibrato機能を含むMIDIコントローラーでリアルタイムにコントロールできるようになりました。 MIDIデバイスのコントロールにパラメーターを割り当て、ステージやスタジオでリアルタイムで劇的なエフェクトを実行します。

Upgrades to Auto-Tune Pro

アップグレードには、現在お使いのAuto-Tuneのレジストレーションコード(シリアル番号)が必要です。

Auto-Tune Pro へアップグレード可能な製品は下記となります。

Upgrade From Upgrade Price
ALL Previous Auto-Tune Versions $129.00
Auto-Tune VST LE $299.00
Auto-Tune Live $149.00
Auto-Tune EFX $249.00

 

System Requirements

Auto-Tune Pro

Mac
(Intelプロセッサのみ)

AAX Native (64bitのみ)
• Pro Tools 11.3.1 以降(Firstを除く)
• Mac OS 10.9.5 以降 ~ 10.13(お使いのPro Toolsに準じます)

VST (64/32-bit両対応)
• VST3フォーマットをサポートしたホストアプリケーション
• ARA 機能はStudio One 3をサポート
• Mac OS 10.9.5 以降 ~ 10.13(お使いのホストアプリケーションに準じます)

Audio Units (64/32-bit両対応)
• AUフォーマットをサポートしたホストアプリケーション
• Mac OS 10.9.5 以降 ~ 10.13(お使いのホストアプリケーションに準じます)

PC Versions

AAX Native (64bitのみ)
• Pro Tools 11.3.1 以降(Firstを除く)
• Windows 7 SP1以降 ~ Windows 10(お使いのPro Toolsに準じます)

VST (64/32-bit両対応)
• VST3フォーマットをサポートしたホストアプリケーション
• ARA 機能はStudio One 3をサポート
• Windows 7 SP1以降 ~ Windows 10 (お使いのホストアプリケーションに準じます)

MIDI
Auto-Tune ProのMIDI機能は、コンピュータにMIDIインターフェースを接続されており、システムレベルでMIDIをサポートしている必要があります。一部のホストアプリケーションでは、プラグインへのルーティングをサポートしない場合があります、その場合Auto-Tune ProのMIDI機能は使用できません。

 Auto-Tune Pro をご使用頂くには、 iLok USB スマートキーが必要です。またilok.comでアカウントを取得する必要があります。iLok2およびiLok3に対応します。

※弊社販売の製品をお買い上げのお客様は、製品登録後日本語マニュアルPDFをマイページにてダウンロードすることができます。