Harmony Engine Evo

ボーカルモデリングハーモニージェネレーター
素早く簡単にリアルなボーカルハーモニーを作成

Harmony Engine Evo

Harmony Engine Evoは、リアルタイムでハーモ ニーを生成するプラグイン です。ソングライタ ー、 プロデューサー、ミュージシャン、エンジニアなど に、プロクオリティのボーカルハーモニー・アレンジメントを提供します。

4声の独立したハーモニーボイス、パワフルで多彩 なハーモニー生成モード、自然なサウンドのハーモ ニーを作成するヒューマナイズ機能、 CHOIR Vocal Multiplierの5 チャンネルの統合、そ して、ハーモニーやボーカルタイプの柔軟なリアル タイムのプリセットシステムを搭載したHarmony Engine Evoは、考えられるほとんどすべてのボー カルアレンジメントを簡単に素早く作成すること ができる、信じられないほど操作が簡単なツールを 提供します。


Harmony Engine Evo

(クリックして拡大)

Harmony Engine Evo

従来のハーモニーツールには、以下の2種類の基本操作モードが搭載されていました。
ひとつは、平行、またはスケールベースの音階を基本とした完全にオートマチックなモードです。これらは、比較的設定が簡単ですが、クリエイティブなコントロールは非常に制限されていました。
もうひとつは、各ハーモニーボイスのノートを個々にコントロール可能なMIDI モードです。これらのテクニッ
クは、絶対的なコントロールを提供しますが、ボーカルアレンジに非常に精通している必要があります(また、個々のノートをMIDI トラックに入力していく時間の余裕と忍耐力も必要です。この作業は簡単なものではありません)。
Harmony Engine Evoでは、ハーモニーを頭の中で演奏させることのできる人なら誰でも、簡単に素早くそのハーモニーをソングに適用できるようなツールの作成に専念しました。Harmony Engine Evo は、従来の全てのハーモニー作成機能に加えて、純粋に音楽的な側面からハーモニー作成を行うことができる、様々な新しい機能を提案します。

Harmony Engine Evoの主な機能:

  • Evo™ Voice Processing Technology を採用し、それぞれに独立したボーカルキャラクター、ビブラート、パン設定を持つ、4つのハイクオリティでフォルマント修正されたハーモニーボイス.
  • 各ハーモニーボイスを人間の声の物理的モデルによって処理することができる
    Antares Throat Modelingテクノロジー
  • 入力ボイスや各ハーモニーボイスを2、4、8ボイスの個々のユニゾンボイスに作り変え、各ピッチ、タイミング、ビブラートの変化を得ることができるAntaresのユニークなCHOIRボーカル・マルチプラーの5つの統合されたチャンネル – 1つのボーカルラインからコーラス全体を作成することも可能になりました。
  • 完全オートマチックモードから各ノート個々のコントロールモードまで、豊富な革新的ハーモニーコントロールモード:
    • Fixed Interval( 固定音程)/Scale Interval( 音階音程): キー(調)とハーモニーの音程を設定するだけで、あとの操作はHarmony Engine Evoが行います。
    • Scale Degrees(スケールの度数)/Chord Name(コード名): ハーモニーをコード毎に設定し、転回型や変更可能なボーカル範囲も設定できます。
    • Chord by MIDI: ハーモニーをMIDIコントローラー、または録音済みのMIDI トラックによってリアルタイムに指定します。
    • MIDI Omni: つのハーモニーボイスを、シンセまたはサンプラーのボイスと同様に、直接「演奏」します。
    • MIDI Channel: 4つの個々のMIDIチャンネルを使って、ボーカルアレンジメントの個々のノートを絶対的にコントロールします。
  • ボーカルアレンジメントのピッチ範囲とハーモニースタイルを素早く直感的に設定できる、Spread、Registerコントロール
  • リアルで自然なサウンドを生み出す、選択可能な個々のハーモ二ーボイスへのバリエーション量を設定するHumanize機能
  • ピッチやフォルマントのアーティキュレーションを瞬間的にフリーズして、ユニークなバックアップボーカルエフェクトを作成することができるFreeze機能
  • 最大15 の完全なハーモニー設定を作成し、リアルタイム、またはオートメーション経由でこれらを瞬時に読み込むことができるHarmony Presetマトリックス
  • 最大6つの異なる「ボーカルグループ」を作成し、瞬時にこれらを読み込むことができるVoice Parameter Presetマトリックス
  • オリジナルの入力と 4つのハーモニーボイスそれぞれを個々のチャンネルにアサインして更にプロセッシングを行うことができるように、5チャンネルの出力を装備(この機能はホストアプリケーションによって使用できない場合があります。)
  • And lots more…

Harmony Engine Evoは、簡単にいうと、フレキシブルでリアルなハーモニーを最も簡単に素早く作成できるツールです。

Harmony Engine Evo
(click for full size)

Video

Audio

Time


Allen Papouban uses Harmony Engine Evo with vocalist Holly Prothman to create the harmonies in his song, Time. The CHOIR function is used to thicken up the backing vocals in the first half of the song, while the second half features five-part harmony.

Sing in Harmony


Composer Jeff Essex recorded Jerry Kennedy singing the lead vocal, then used Harmony Engine Evo’s MIDI Channel mode to produce all of the harmony parts, including the integrated CHOIR on some of the phrases.

A Full Production


Producer/DJ/remixer Morgan Page uses Harmony Engine Evo to create backup harmonies for his song, On My Chest.

A Pop Ballad – Original Tracks


The original vocal track by singer/songwriter Paloma Ramos and piano accompaniment by co-writer Jason Poyner.

A Pop Ballad with Harmony Engine


MIDI data from Jason’s original keyboard performance is used as harmony control input to a single instance of Harmony Engine Evo. At various points in the arrangement , the Formant Only Freeze function turn the harmony voices into wordless backup parts.

Country Folk


In this demo, Gerry Bassermann uses Harmony Engine Evo for the song Lift Us Away. Two vocal parts, each with Harmony Engine Evo.

Lift Us Away


Erik D and Stacey Dawn use Harmony Engine Evo on the vocals of this tasty bit of techno.

Upgrades to Harmony Engine Evo (64-bit)

Antares社のWEBサイト(英語)でのアップグレードとなります。

アップグレードをするには、現在ご使用の製品のシリアルコードが必要になります。here

Harmony Engine Evo (64-bit) へのアップグレード価格及び対象製品:

Upgrade From Upgrade Price
Harmony Engine Evo (32-bit) $19.99
Harmony Engine $49.00
Harmony EFX $129.00

System Requirements

Mac
(Intelプロセッサのみ)

AAX Native (64/32-bit両対応)
• Pro Tools 10.3.6 以降 (Pro Tools SE と M-Powered Essentialを除く)
• Mac OS 10.8.5 以降 ~ 10.12(お使いのPro Toolsに準じます)

RTAS 
• Pro Tools または Pro Tools LE 7.x 〜 10.x (Pro Tools SE と M-Powered Essentialを除く)
• Mac OS 10.5.8 以降 ~ 10.9.5(お使いのPro Toolsに準じます)

VST(64/32-bit両対応)
• VST3フォーマットをサポートしたホストアプリケーションcertified compatible
• Mac OS 10.8.5 以降 ~ 10.12(お使いのホストアプリケーションに準じます)

Audio Units (64/32-bit両対応)
• AUフォーマットをサポートしたホストアプリケーションcertified compatible
• Mac OS 10.8.5 以降 ~ 10.12(お使いのホストアプリケーションに準じます)

PCバージョン

AAX (64/32-bit両対応)
• Pro Tools 10.3.6 以降 (Pro Tools SE と M-Powered Essentialを除く)
• Windows 7 SP1 以降 ~ Windows 10(お使いのPro Toolsに準じます)

RTAS
• Pro Tools or Pro Tools LE 7.x – 10.x (Pro Tools SE と M-Powered Essentialを除く)
• Pro Tools HD 7.2 or Pro Tools LE 7.3 or later required for Graphical Mode sync
• Windows 7、8、8.1 (お使いのホストアプリケーションに準じます)

VST (64/32-bit両対応)
• VSTフォーマットをサポートしたホストアプリケーションcertified compatible
• Windows 7 SP1以降 ~ Windows 10(お使いのホストアプリケーションに準じます)

MIDI
Harmony Engine EvoのMIDI機能をご使用いただくには、ホストアプリケーションがMIDIトラックの出力先をプラグインにルーティングできる機能が備わっている必要がございます。

AVOX 4 をご使用頂くには、 iLok USB スマートキーが必要です。またilok.comでアカウントを取得する必要があります。