Auto-Tune 8

世界標準のピッチ&タイム補正プラグイン
The Latest Generation of the Worldwide Standard in Professional Pitch (and Now Time) Correction.

Auto-Tune 8

Auto-Tune は発売以降、プロ・ミュージシャン、プロデューサーやエンジニアなどから17年間にわたって圧倒的な選択肢として支持を受けてきました。
新しいAuto-Tune 8では、Antares の革新的な新技術 “Flex-Tune ”リアルタイムピッチ補正テクノロジーを導入。
シームレスでナチュラルなピッチ補正と今までの Auto-Tune でも知られていたオーディオ・クオリティだけでなく、さらにFlex-Tuneによりシンガーのクリエイティビティを失わずに補正が可能になり、ピッチ補正の比類なき自由を手に入れることができます。
Flex-Tune に加えて、Auto-Tune 8 はトラッキングやライブパフォーマンス時に威力を発揮する超低レイテンシー・モードを備えています。また、クリエイティビティを最大限に、フラストレーションを最小限に抑えたピッチとタイミング補正作業ができるよう、ワークフローも強化されました。

AUTO-TUNE シリーズ機能比較表

Auto-Tune EFX 3Auto-Tune LiveAuto-Tune 8の主要機能の比較表は
こちら 。


Auto-Tune 8 Automatic Mode

Auto-Tune 8 Automatic Mode (クリックで拡大)


Auto-Tune 8 Graphical Mode

Auto-Tune 8 Graphical Mode (クリックで拡大)

Press and Reviews

The New Yorkerポップ音楽評論家Sasha Frere-Jonesによる音楽業界でのAuto-Tuneの劇的な影響の記事

Read More »

Auto-Tune 8

Freedom of Expression

Auto-Tuneは発売以降、プロ・ミュージシャン、プロデューサーやエンジニアなどから17年間にわたって圧倒的な選択肢として支持を受けてきました。Auto-Tune 8 は、Antares の革新的な新技術 “Flex-Tune ”リアルタイムピッチ補正テクロジー、超低レイテンシーモード、編集プロセスを合理化するためのカスタマイズ可能なインターフェイスなどの新機能を搭載しています。

Auto-Tune 8に搭載された2つのモード:オートモードでは、すべてのユーザーが簡単にピッチ補正を行えるように設計されており、さらに高度な編集をしたい場合はグラフィックモードで作業可能です。

一般的なピッチ補正の場合、Auto-Tune 8のオートモードを使用することにより、入力されたピッチを検出して、選択したスケールの範囲に瞬時に修正が行われます。

グラフィックモードでは、入力したピッチがピッチエンベロープとして表示され、ピッチとタイミングをそれぞれ自在に編集可能です。

Auto-Tune 8 の主な特長

オートマチックモード

Flex-tune ナチュラルピッチ補正技術: 今までのAuto-Tuneを含む他のリアルタイムピッチ補正の方法とは、目的の音程に向けて補正したい音を常に引っ張るようにして修正していました。Flex-tuneではスケール音に近づいたときのみ修正を行い、ボーカリストの特徴的で表現豊かなボーカルジェスチャーを残したままピッチ補正を行うことが可能になりました。

低レイテンシーモード: Auto-Tune 8の新しい超低レイテンシーモードを使用すれば、ライブパフォーマンス時に、ボーカリストがモニタの音で遅延に悩まされることがなくなります。

グラフィックモード

再生中にも編集可能なアクティブ編集ツール: Auto-Tune 8の編集ツールは再生中でも編集可能になりました。

ノートオブジェクトの音階のオーディオ視聴: Auto-Tuneは今までも録音したメロディーのピッチ修正をすることがとても簡単でした。Auto-Tune 8では、更にノート編集時にピッチを再生しながら編集することが可能になり、耳を使った編集もできるようになりました。

編集画面でのアンプリチューブエンベロープの表示・非表示::メイン編集ウィンドウのアンプリチューブエンベロープの表示・非表示を選択できるようになりました。スクリーンの大きさが限られるラップトップコンピューターでの作業の際に便利です。

最大タイムライン解像度モードビート: :ビートバーのタイムラインの最大解像度が16分音符になりました。

自動更新の通知:: 常に最新のバージョンに保つため、Auto-Tune 8 を起動の際に自動でチェックする機能が搭載されました。

Auto-Tune 8をお楽しみください!


Auto-Tune 8 Automatic Mode

Auto-Tune 8 Automatic Mode (クリックで拡大)


Auto-Tune 7 Graphical Mode

Auto-Tune 8 Graphical Mode (クリックで拡大)

Auto-Tune 8 へのアップグレード

アップグレードには、現在お使いのAuto-Tuneのレジストレーションコード(シリアル番号)が必要です。

Auto-Tune 8 へアップグレード可能な製品は下記となります。

アップグレード元(お持ちのバージョン) 価格
Auto-Tune 7 (Native or TDM)* $129.00
Auto-Tune Evo $149.00
Auto-Tune 5 $149.00
Auto-Tune 4 $149.00
Auto-Tune 3 $149.00
Auto-Tune (Original Version) $149.00
Auto-Tune EFX 3 $229.00
Auto-Tune EFX 2 $229.00
Auto-Tune EFX $229.00
Auto-Tune VST LE $299.00

* 2014年11月1日以降にAuto-Tune 7 (NativeまたはTDM) のアクティベーションを行った方は無償でAuto-Tune 8にアップグレード可能です。

System Requirements

AUTO-TUNE 8

Mac
(Intelプロセッサのみ)

AAX Native (64/32-bit両対応)
• Pro Tools 10.3.8 以降 (Pro Tools SE と M-Powered Essentialを除く)
• Mac OS 10.8.5 以降 ~ 10.12(お使いのPro Toolsに準じます)

VST (64/32-bit両対応)
• VST3フォーマットをサポートしたホストアプリケーション
• Mac OS 10.8.5 以降 ~ 10.12(お使いのホストアプリケーションに準じます)

Audio Units (64/32-bit両対応)
• AUフォーマットをサポートしたホストアプリケーション
• Mac OS 10.8.5 以降 ~ 10.12(お使いのホストアプリケーションに準じます)

PC Versions

AAX (64/32-bit両対応)
• Pro Tools 10.3.8 以降 (Pro Tools SE と M-Powered Essentialを除く)
• Windows 7 SP1以降 ~ Windows 10(お使いのPro Toolsに準じます)

VST (64/32-bit両対応)
• VST3フォーマットをサポートしたホストアプリケーション
• Windows 7 SP1以降 ~ Windows 10 (お使いのホストアプリケーションに準じます)

MIDI
Auto-Tune 8のMIDI機能は、コンピュータにMIDIインターフェースを接続されており、システムレベルでMIDIをサポートしている必要があります。一部のホストアプリケーションでは、プラグインへのルーティングをサポートしない場合があります、その場合Auto-Tune 8のMIDI機能は使用できません。

 Auto-Tune 8 をご使用頂くには、 iLok USB スマートキーが必要です。またilok.comでアカウントを取得する必要があります。